車を売る場合に買取と下取りのどちらが得かというと、売値の高さを考えるのなら買取です。

車買い替えを選択した場合は買取よりも安く売ることになる可能性が高いです。

車買い替えだと、大して評価されない箇所が買取においてはプラスになることも多いです。

中でも事故者を売る場合は、下取りだと非常に低評価となり、廃車のための費用を請求される場合もあります。

一回一回車の買い取り査定の相場を調べるのは厄介かもしれませんが、調べておいてデメリットはありません。

どちらかといえば、車を高く売りたいのであれば、愛車の価格を知っていた方が良い状態です。

なぜかというと、相場を把握しておくことで、営業さんが提示した査定額が最適な額なのかどうか判断可能だからです。

出張査定のサービスを使わずに直接店舗へ行って査定の依頼をしてもいいのですが、大体の業者の出張査定は全て無料だそうですから、利用してみた、という人も結構いるかもしれません。

車売るのお店へわざわざ行かなくても良いというのは忙しい時などに便利ですが、わざわざ来てもらったのに買取を断るのは忍びないと感じる人も少なからずいます。

車を手放そうという時には大抵、買取と下取りの二つが主な選択肢として挙げられます。

では、どちらのサービスがより良いでしょうか。

高値で売りたいなら、買取を選ぶべきです。

買取の査定と下取りの査定は別物と言って良く、買取の方が高く査定してもらえる基準を採用して査定しています。

車買い替えだと気にされない部分も買取の査定には影響したりするのです。

車査定と下取りを比べてみた場合、車買い替えのほうがいいと考えられる方も少なくないと思います。

確かに、下取りであれば買おうとする車を愛車を使って購入額から値引きが可能ですし、買取手続きも購入手続きもそれぞれせずに行えるので便利です。

しかし、シンプルに売却価格だけを考えると、マイカー査定の方が高いのです。

おすすめ⇒車売る